いけしま動物病院ではペットのことを一番に考え、麻酔時間短縮や痛みの軽減につながる治療に力を入れています。

葉
 

ご挨拶ご挨拶

院長 池島  修二

私達、いけしま動物病院では、ペットも大切な家族の一員と考え、日頃の健康管理から、病気になった時のケアまで、 ご家族様だけでなくペット自身も、安心して治療が受けられるようにを信条としています。

治療の際のペットの負担軽減を目指し、麻酔時間の短縮や痛みの軽減につながる治療に力を入れています。

当院についてはこちら
トリミング
半導体レーザー治療

お知らせお知らせ

見てね
  • 2022.09.13 ワンちゃんのトリミングサービスして...
    詳しくはこちらをご覧ください>>> 大型犬・猫・初診の方のトリミングは受け付けておりません。 ご了承ください。
  • 2022.08.04 お盆期間中の診療に関して
    お盆期間中の診療に関しましては以下の通りとなっております。 【休診】8月11日(木)〜 8月15日(月) どうぞよろしくお願いいたします。
  • 2022.04.12 ゴールデンウィークの診療に関して
    ゴールデンウィークの診療は以下の通りとなっております。 【休 診】4月28日・29日、5月1日から5日 *4/30(土)は通常通り診療いたします。 どうぞ宜しくお願いします。
ブログ一覧はこちら
お知らせ一覧はこちら
 
  • 2022.01.13 レーザー治療を求め県外から来院
    半導体レーザー装置を使った治療に力を入れる 半導体レーザー装置を使った治療に力を入れる。 光の出力や照射方法によって様々な症状に対応できるためクチコミなどで評判が広がり岡山県外からも来院する。 消炎鎮痛や神経の修復促進作用があり椎間板ヘルニアは、外科手術なしで改善させるという。 池島修二院長は、「半導体レーザーを使えば外科手術を避けられるケースがあり麻酔時間の短縮や痛みの軽減につながる。動物の体への負担を最小限に抑えられる」話す。 この日は柴犬(12)に半導体レーザーを使った。1日のうちに何度も嘔吐し。血尿が出たという。胃潰瘍などの消化器系の病気が疑われた。 筋肉注射で全身麻酔を施し、口から内視鏡を挿入。食道に軽い炎症、幽門部分には赤く晴れたポリープと出血班が確認された。 内視鏡の鉗子口からレーザーファイバーを入れ、隆起したポリープ3個と潰瘍化した病変部3箇所程度に直接照射して蒸散させた。 この間15分。引き続き歯石除去と去勢を行い、開始から30分で手術が終わった。 その後念のため撮影した胸腹部のレントゲンで前立腺肥大症が見つかった。前立腺が骨盤腔いっぱいに腫れていたため定期的に体表面からレーザーを当てることにした。 池島院長は、前立腺が直腸を圧迫して便が出にくくなる場合もあり便秘で受診することも多い」と注意を促す。 (山陽新聞に掲載されました)
コラム一覧はこちら
 
 
葉

診療時間診療時間

受付時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
9:00~12:00
16:00~19:00 16:00~18:30
四つ葉 …土曜日の午後は16:00~18:30 【休診日】木曜日・日曜日・祝日

診療時間診療時間

【所在地】
〒701-1203
岡山県岡山市北区一宮山崎268-4
緑の看板を目印にご来院下さい。

(最寄駅)
JR吉備線・備前一宮駅から徒歩約18分
(車)
岡山駅から約15分
(その他)
平津小学校西200m

病院案内はこちら
 

〒701-1203
岡山岡山市北区一宮山崎268-4

086-284-8666

【診療時間】
平日 / 9:00~12:00、16:00~19:00 土曜日 / 9:00~12:00、16:00~18:30
【休診日】木曜日、日曜日、祝日
【入院施設】有り 【駐車場】10台

いけしま動物病院外観